2019年10月25日

『バストロンボーンの未来』を読んで

これで4日連続更新。三日坊主は免れました。ホッ。
しかし、当初の目標『1週間に1回の更新』を甘く計算しても
1ヶ月で4回更新×12ヶ月…48回更新。
これから2ヶ月間毎日更新すると、大体目標達成という事になるのかな。
小出しにしていきましょう苦笑

458879F9-BA3E-4304-A621-7087C0CFD9EB.jpg

時々N響バストロンボーン奏者の黒金さんの所へ行きオケスタやソロをみて頂いています。先日レッスン後に、家に帰ってから本棚を整理して偶然発掘してしまい、久々にこのページを開きました。秋山先生にも数回見て頂いた事があるのですが、この並び。本当に凄いですよね。
パイパース、12年前の記事の様です。

当時自分は『うわー!凄い対談だ!大好きなお二方が載っている!!』ぐらいにしか思っていなかったと思うのですが…今読み返すと、特に秋山先生がおっしゃっているアメリカとドイツのスタイルの違いはとてもわかり易く。(何で買った時にしっかり読んで理解しようとしなかったのか。時間を戻して自分に怒ってやりたい。)
でも、今自分が理解出来るのは実際にそれぞれの国のオーケストラを聴き、実際に習いに行って体感したからだからだと思うので。本当の意味でわかるのは時間がかかる事なんですよね。そしてこれからも探し続けるべき事でもあるし。

他にもマウスピースの事、オケの中でのバストロの在り方、そしてバストロンボーンの未来。
最先端を突き進む方々は本当に視野が広く、先代から引き継ぎつつ先も見据えている。今まさに記事の中で秋山先生が描いていた未来を黒金さんが道にしている中の一人だと思います。

いい雑誌を手にした学生の頃の自分を褒めたいと思います。笑
posted by 丸田 at 23:03| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。