2019年12月11日

緊張感のコントロール

多分1年以上はかじっているメンタルトレーニングの本。
今年こそ最後までたどり着くぞ!(そして、その時はオーディションに合格する時、になるはず。少なくとも今より本番が上手くいく)と意気込んだもののもう師走。

途中で止まってしまったのと、今一度確認したいと思い、最初の項からやり直しています。
まずはスタート地点の録音をする所から。

…っと言っても色々コントロールする方法を知ってしまっているので、ここから良くしていこうぐらいの気持ちで臨み直そうという感じです。
今いくつか録音・録画オーディションに出そうとしていて、今週来週で広い部屋を使うタイミングがあるので、試し撮りをしたり、メンタルトレーニングの最初の録音をしたりしています。
ここからは今日呟いたツイッターからの転送ですが。

メンタルトレーニングの専門家がある講演で、

『ネガティブになりそうな時は、人でも物でもなんでも良いから好きなものをイメージして』というアドバイスをしていた事があり、

全力で好きなものをイメージしたら、好きが凄すぎて心臓の鼓動がわかるぐらいになってしまったw

ちなみに沢庵ではない。

(続き)

テンションがかかる状態でも、ネガティブな気持ちでドキドキソワソワするよりは良い状態に持って行けたのかなとは思う。

これが所謂良い緊張感とそうではない状態なのかな。

今月来月と試せる機会は多くあるので良い方法を模索しよう。


というのが今日の思った事。

まぁ良い緊張感では臨めたのですが、もう少し落ち着いた演奏を心がけたい。具体的にはテンポも駆け出しているところがあるし、カデンツァは間の取り方をゆったりと。


大フィルのヴェクセルのオーディションも長い事受けるか受けないか迷って、準備はしてきていました。その効果か、高音がだいぶ出やすくなりました。それはオケスタにだいぶ活かせて来れたのでトライはしてみて良かったなと。

結局、色々考えて受験は諦めましたが、この期間でカルテットで3rd吹いたりオケスタで2nd吹いたり、間に入ってアンサンブルする事の奥深さやその楽しさを知れたし、テナーバスも試行錯誤出来たのもとてもいい経験でした。

そうやって他のパートをわかってバスに戻ると景色も違いますね。



そんな経験を、大事な場面で緊張しながらも出せるかが本当に大切。

まだまだだなぁー。

っと言ってもまだ出してもいないので、逃げずに取り掛かります。

いい報告が出来ますように。

posted by まるちゃん at 23:35| 東京 ☀| Comment(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする