2019年12月31日

2020年もどうぞ宜しくお願い致します。

今年も残り僅かですね。
細々と続けているこのブログも、週1更新の目標は叶いませんでしたが…苦笑
まぁそれなりの回数を更新したので良しとしましょう。


今年は自分の仕事的にも、趣味のスケート的にも大きなイベントが沢山の一年でした。
写真と共に振り返ってみましょうか。


E4D9B225-A4CA-4C59-9EDA-A1818120BB01.jpg

2019年、早々にさいたまスーパーアリーナというビッグな場所で本番でした。お客さんの盛り上がりであんなに会場が揺れるとは。びっくりしました。


CB110FAC-D316-4B1C-A3A3-B301A666EC16.jpg

春からコンパルソリー という、簡単に言うとフィギュアスケートでエッジを使い、正しい図形を描く技を習い始めました。
秋にはずっと継続して目指していたバッジテスト 1級も合格しました。
来年はマスターズという大会のコンパルソリー 部門出場を目指し、2級課題も習いつつ、アイスダンスも始めたいなと思っております。
スケートに関しては、ひろーくあさーくをモットーに。


5A3B6E8E-8034-4A08-AE9C-FA009EFDA2DA.jpg209E1B15-D04E-4F8D-9E71-5307902A4EEC.jpg

3月の世界選手権も観に行きました。
スペインのウルハリを応援出来て何より。そして中国のスイハン組のショート超泣けた。そしてカザフスタンのトゥルシンバエワさんのキレッキレ具合が凄くて4回転も凄かった!個人的MVPは彼女でした。


77749619-0482-45E5-B5DB-F872D672F0F8.jpg

吹奏楽バックにソロも吹きました。こういう機会は人生で初の事だったのですが、最高でした。恩師である長田先生と東綾瀬の素敵な方々のお陰です。本当にありがとうございました。


04C3E491-21B1-4C8A-A2E6-24BCC89FAE9E.jpg

坂本さんのステージを後ろから演奏しながら観れる、聴けるという。
(勿論しっかり仕事はしましたよ)
カッコ良かったなぁー。


EB23D448-EA59-4022-977C-9F612CBBBA64.jpg

A6B64914-1352-4CB2-AF2A-CBEE0AF025A5.jpg


イタリアのピサで受講したライエンのセミナーは今年一番の思い出です。
参加した仲間とは今も連絡とっていて、日本組は勿論、他にも来日時に会ったり海外のオケのライストで偶然見つけたり。
ライエンはこの前オケのツアーとブラスアンサンブルの公演で来日したばかりですが来年1月にも来ますね。楽しみです。

E170F4B0-2DA2-4842-A0EF-0F33F55F0877.jpg

実は、イギリスへも足を伸ばし、10年ぶりの再会!
バストロンボーン奏者のクリスティアン・ジョーンズさんのレッスンを受けて来ました。10年前、フィルハーモニアの来日公演の際楽屋で出待ちし、翌日楽屋でチャイコのヴァイオリン協奏曲の間だけレッスンしてもらった事がありまして。それ以来の再会でした。
今回もバッタバタにはなりましたが、それでも習えてよかったです。
当時はFacebookもやっておらず、連絡先も交換できなかったのですがあ、今は本当に便利になりましたね。

509FE328-4B92-4D30-A9D3-0A557F1616D2.jpgAFA9923B-CEA6-4CBB-BC94-5C7896F256A7.jpg

韓国のKBS交響楽団にコントラバストロンボーンを持ってエキストラで出演したのもこの夏。
いやー、すごい曲ですね。

0CA411BB-8349-4260-81B6-B5AA68A9599A.jpg

おーしーずのはせの結婚式!!
うっちゃんも年末に婚約をしまして。
幸せ続きですね。2人ともおめでとう!!


38D69A32-445A-4A61-8F50-B49C1CD87D4D.jpg

北海道の札響オーディション後にホテルのロビーで食べたメロン。
録音を通れたのは本当に嬉しかった事ですが、まだまだですね。
自分と周りに起こっている様々な事を客観視出来る冷静さをもっと高めたいと痛感したものでした。


331B155B-C3AA-4711-91A2-499425BACB7B.jpg

おーしーずwithまこっちゃんでこの日は2つ本番がありました。
一人グレーなのは、衣装を忘れたからです。。。


D3FCB629-EC3A-4D08-8FE7-B1A1A5A65E34.jpg

楽器の仕事でまさか安藤美姫さんとご一緒出来るとは!
サインを頂いたので、ルッツ-ループのコンビネーションジャンプが飛べるようになる気がします…気持ちは…します。笑


45B17D1B-AE5D-4720-813B-C0DDD205609E.jpg

今年の目標の1つ。もう手がつけられなかった楽譜の山。
この山4つ分ぐらいあった楽譜が

237505C7-0165-4754-812A-6AEFF0859DF5.jpg

この様に片付きましたー!の図。人間、やれば出来るんだなと笑。
しかし、欲をいえば、これらを今度はデータに出来れば良いですよね…。



…と、写真を見返すとまだまだあるのですが。
こんな1年でした。
今年も色々なオケに読んで頂いて様々な方とも演奏でき、とても充実した1年でもありました。
2020年も、健康に気をつけて元気に楽器を吹き続けたいと思います。
今年はあまりアレンジ出来なかったので、もう少し書きたいなというのは来年の目標の一つ。
オーディションに受かりたいというのは何年も思っている事ですが、勿論継続。
演奏もですが人間として魅力ある人、また会いたいと思われる様な人になりたいですね。それはもう極限の目標ですが。とても大きな目標です!

考えれば考えるほど目標って出来てしまいますが、それはもう少し整理して改めて宣言しようと思います。
それでは、良いお年をお迎え下さいませ。
posted by 丸田 at 20:32| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

緊張感のコントロール

多分1年以上はかじっているメンタルトレーニングの本。
今年こそ最後までたどり着くぞ!(そして、その時はオーディションに合格する時、になるはず。少なくとも今より本番が上手くいく)と意気込んだもののもう師走。

途中で止まってしまったのと、今一度確認したいと思い、最初の項からやり直しています。
まずはスタート地点の録音をする所から。

…っと言っても色々コントロールする方法を知ってしまっているので、ここから良くしていこうぐらいの気持ちで臨み直そうという感じです。
今いくつか録音・録画オーディションに出そうとしていて、今週来週で広い部屋を使うタイミングがあるので、試し撮りをしたり、メンタルトレーニングの最初の録音をしたりしています。
ここからは今日呟いたツイッターからの転送ですが。

メンタルトレーニングの専門家がある講演で、

『ネガティブになりそうな時は、人でも物でもなんでも良いから好きなものをイメージして』というアドバイスをしていた事があり、

全力で好きなものをイメージしたら、好きが凄すぎて心臓の鼓動がわかるぐらいになってしまったw

ちなみに沢庵ではない。

(続き)

テンションがかかる状態でも、ネガティブな気持ちでドキドキソワソワするよりは良い状態に持って行けたのかなとは思う。

これが所謂良い緊張感とそうではない状態なのかな。

今月来月と試せる機会は多くあるので良い方法を模索しよう。


というのが今日の思った事。

まぁ良い緊張感では臨めたのですが、もう少し落ち着いた演奏を心がけたい。具体的にはテンポも駆け出しているところがあるし、カデンツァは間の取り方をゆったりと。


大フィルのヴェクセルのオーディションも長い事受けるか受けないか迷って、準備はしてきていました。その効果か、高音がだいぶ出やすくなりました。それはオケスタにだいぶ活かせて来れたのでトライはしてみて良かったなと。

結局、色々考えて受験は諦めましたが、この期間でカルテットで3rd吹いたりオケスタで2nd吹いたり、間に入ってアンサンブルする事の奥深さやその楽しさを知れたし、テナーバスも試行錯誤出来たのもとてもいい経験でした。

そうやって他のパートをわかってバスに戻ると景色も違いますね。



そんな経験を、大事な場面で緊張しながらも出せるかが本当に大切。

まだまだだなぁー。

っと言ってもまだ出してもいないので、逃げずに取り掛かります。

いい報告が出来ますように。

posted by 丸田 at 23:35| 東京 ☀| Comment(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

カルミナ・ブラーナ

6CA27953-E6B7-4B3E-9702-28F03F96AA6B.jpg

昨日、大宮ソニックシティでの『カルミナ・ブラーナ』の公演は、振付になんと安藤美姫さん!!

GPと本番の間で、セクションの仲間の後押しもありサインを頂く事が出来ました!写真まで撮って頂き。
SNSに上げても良いとの事なので、記念に載せました。
もう本当に幸せでした。


いつもの事ですが、演奏者は舞台に背を向けているので全貌は見る事出来ませんでしたが、リハーサル時には安藤さんも舞台上に立ち会い、時には御自身も踊られて細かく打ち合わせをされていました。
いやぁ、素晴らしかった…。
カルミナ・ブラーナも好きな曲ではあるのですが、バストロなのにハイトーンが多く、とても吹きごたえのある演目でした。聴くのと中で吹くのとではまた違いますね。

今年、バレエもコンサート形式でもこの曲の演奏・上演が多い気がします。メモリアルイヤーなんですかね?
posted by 丸田 at 22:44| 東京 ☀| Comment(0) | 本番 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする